介護保険で利用できるサービス-販売-

ハート(まごころ) と アイデア(知恵)で穏やかなケアライフをお手伝いします アイデア用品:一人ひとりの障害に合わせて様々な工夫が施されたアイデア用品です。あんしん用品:毎日の暮らしの中で安心してお使いいただける用品をご用意いたしました。
らくらく用品:暮らしやすさがぐんと増し、行動範囲を広げられる用品のご提案です。
福祉用具を上手に使うことによって、介護される本人のストレスを減らすことができ、介護する側の負担も軽くすることができます。

私たちは、豊富なノウハウで、数多くある福祉用具の中からお客様の状況や環境に応じた最適な用品をご提案させていただきます。

また、介護に関するあらゆる相談に応じています。単に用品を提供するのではなく、その人がその人らしく最期まで自立して暮らせるよう支援させていただきます。

 

介護保険が適用される特定福祉用具種目
1.腰掛便座
●和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの
●洋式便器の上に置いて高さを補うもの
●電動式またはスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を
  有するもの
●ポータブルトイレ(便座、バケツ等からなり、居室において利用可能であるもの)

2.自動排泄処理装置の交換可能部分
自動排泄処理装置の交換可能部分尿又は便が自動的に吸引されるもので居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの
3.入浴補助用具
入浴に際しての座位の維持、浴槽への出入り等の補助を目的とする用具
●入浴用椅子、入浴台、浴槽手すり、浴室内すのこ、浴槽内椅子、浴槽内すのこ

4.簡易浴槽
空気式または折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水または排水のために工事を伴わないもの。

5.移動用リフトのつり具部分
介護保険が適用される特定福祉用具種目photo

 

介護保険における特定福祉用具(特定介護予防福祉用具)購入について
2006年4月1日より特定福祉用具販売は、指定事業者制になりました。
介護保険を使って購入する場合は、都道府県の指定をうけた特定事業者から購入しなければなりません。

要介護度 ごとに定められている毎月の利用限度額とは別に、【毎年10万円を上限枠として1割のご負担】で特定福祉用具がご購入できます。

期間と限度額
毎年4月1日から翌年3月31日まで1年間。年間限度額枠10万円を超えた場合、その部分については、全額自己負担になります。原則として償還払い方式です。

利用者の方が直接、福祉用具販売店で購入され一旦全額お支払いしていただき、その後、9割相当額を市(区)町村に請求します。

ただし、市(区)町村によっては、給付券方式、受領委任払い方式等、全額支払うのではなく、1割の相当額を支払って購入できる場合もあります。

介護保険における特定福祉用具の利用手順
※注:同一種目の特定福祉用具の購入はできません。ただし、同一種目であっても用途及び機能が異なる場合、破損した場合、介護の程度が著しく高くなった場合等は、同一種目でも再購入できます。
介護保険で利用できるサービス
住宅改修についてはこちらから レンタルについてはこちらから